Teens Townむさしの実行委員会 公式サイト

地域の「楽しい」を創ろう!

実行委員会について

中高生世代の社会参画や持続可能な地域コミュニティーの創造を目指して2018年4月に設立された学生団体「YouSkip」のメンバーから派生し、結成されました。ここに武蔵野市に住む・武蔵野市で学ぶ大学生が「当時受けた恩を次世代のこどもたちと”むさしの”に返したい」という想いで加わり、現在30名ほどが所属しています。


代表: 神村 美里

メンバー: 運営6名 + 企画・当日スタッフ
(2019年 約40名)

構成: 武蔵野市周辺に住む大学生や、「子ども」にアツい想いを持った大学生

Email: contact@teens-town.me

運営紹介

仲間を募集中!

今年度も一緒に活動してくれる仲間を募集中です!

応募はこちらから!!

コンセプト

「子どもがつくるまち」はドイツのミュンヘンが発祥といわれています。「子どものまち」の中では自分の好きな仕事を見つけて働き、給料をもらい、そのお金を使って、買い物や食事ができるところに特徴があります。日本でも、佐倉市の「ミニさくら」をはじめ、その地域・主催者らしい規模ややり方で開催されています。

武蔵野市でも2007年〜2014年に実施されていた「むさしのミニタウン」。2日間で約1,000人の子どもたちを動員した幻の地域イベントでした。

当時小中学生で参加者だった世代が大学生になり、我々「Teens Townむさしの実行委員会」が動き始めました。

この「まち」の目標

一言で表すと、武蔵野の10代に「まち」と「自分」を考えるきっかけ作り。「たのしさ」を通じた地元むさしのへの恩返しとしてだけではなく、10代の子どもたちに「まちづくり」を身近に感じてもらい、そして次世代を担う彼らに学びや仕事の視野を広げるきっかけを届けます。

活動

Teens Townむさしの 2019
実施日 2019年3月29日(金)
場所 武蔵野クリーンセンター
対象 小3〜中3 100名


Teens Townむさしの 2020(仮称)
実施日 2020年3月予定